あまりに適当
自分の靴については、わりと大雑把に靴づくりが進行していく

今回は夏に向けてタッセル付きのスリッポンを作ってみようかなと思い立ち

いざ…

人に渡すものでもなく、フィッティングということもあり、
まぁ雑である…
足入れと足あたりの確認だけ出来ればいいので、モカもご覧の通り

通常はこのラインもデザイン確認のため、手縫いまでいかなくても、
完成が予想できるようにしっかり縫う

が、

ことさら自分の靴になると目安のラインだけ見れればいいので、ミシンをフルスロットルで踏み込む

アッパーが出来るのも1時間くらい(手、抜きすぎ…)

とにかく早く完成させて履きたいという気持ちが先行する
スリッポンタイプにはいい思い出が無いので徐々にトラウマになりつつある

このあたりで払拭できればいいが…
c0175551_0355254.jpg

65.5
by kadohatsu | 2009-05-13 00:35 | cado.making | Comments(0)
<< なかなかの滑り出し 晴天 >>