化粧
ヒールのトップに打つ真鍮製の釘の事を化粧釘という

工房や作者によって模様や打つ間隔、釘の太さなど様々である

意外と見ているとそれぞれ個性が出ていて面白い

また、表に全く釘が見えないように加工する事を”隠し化粧”といい、
その名の通り底面を見たときに釘は見えない
職人の仕事としては、手間がかかるため、工賃は普通の仕様よりも増すらしい

このあと、釘の頭をさらい、大ヤスリで削ってヒールの表面と同じくフラットにする

c0175551_0221298.jpg

by kadohatsu | 2009-04-24 00:22 | cado.making | Comments(0)
<< 底面の… 締める >>