使い勝手
今回は、すくい縫いの道具

左から「チャン」と呼ばれる松やにと油を調合し煮詰めて固めたもの

細い針を炙って曲げ、すくい針のアールに合わせたもの
これに糸を巻き付けて縫う

すくい針とグローブと指に巻き付ける細革

それぞれ、職人によって形や、配分量などが異なる

ようは自分の使い易いように手を加えているのである

特に針は、各自好きなアールがあって、今使っているすくい針が金属疲労でダメになってしまう前に同じアールの物を探すか、火であぶってそのアールを作り出す

いずれにしても、道具は何かしら手をいれたり、ときには何かを改良して作る事もある
c0175551_0134555.jpg


広島ブログ
↑クリックしていただけるとうれしいです
by kadohatsu | 2009-01-30 22:22 | cado.making | Comments(0)
<< なだらかに 筋肉痛 >>