見当違い
c0175551_2331113.jpg

c0175551_23311131.jpg

c0175551_23311161.jpg

今回父のフィッティングに挑んだわけだが、本人の履いている靴下が厚めだったことと、少し緩めが好きだったこと、私の採寸に不手際があったため大幅に修正を加えることになった

フィッティングでは足の状態を見るため、その場でナイフを入れることもある

親指の爪の先は歩いていると気になってくるので、圧迫は出来るだけ避けたい

父の場合、指自体にボリュームがあるため、通常よりも爪先の形が厚めに上がる

なにはともあれ三月にもう一度、フィッティングをすることにした

母のビスポークは明日フィッティングである

広島ブログ
by kadohatsu | 2009-01-05 23:31 | cado.making | Comments(0)
<< ビスポークの木型修正 過去の… >>