ひとりこと
よく人から「好きなことを仕事に出来ていいね」という言葉をもらう

そのとおりだと思う

どんな職業であれ、「好き」なことが出来て、それで飯を食えることは幸せなこと

なにより、自分のやりたいこと、好きでしょうがないことが「見つかった」ことが何よりの幸せ

確かに生活はなかなか厳しい中でなんとか、という今で、不安も少なくはない
けれど、それはけっして「苦」ではないと感じている
少しずつだけど、目標に向かって進んでいるから

一足先に自らの靴をはじめる友人と、定食屋でレバニラと餃子を口一杯にほうばりながら「ごちそうだぁ!幸せ」なんて言ってこんな話をしている
# by kadohatsu | 2008-09-02 23:07 | Diary
釣り込み
修正をした木型を元に釣り込みを行った
かかとと爪先にベンズ(底材で、主にソールに使用される硬い素材)で作成した芯を入れ、ライニングとアッパーを交互にひいて整え、木型に革を沿わせていく

先日のブログにも女性の靴の、革の質について書き込みをしたが、柔らかい革はワニ(靴用のペンチのこと。日本ではこう呼ぶ。)で引きやすい
c0175551_15453185.jpg


引きながら指で押さえ、19ミリの長さの釘を使って仮どめをする この釘はこの後の工程ですべて抜いてしまう
c0175551_15453123.jpg



# by kadohatsu | 2008-09-02 15:45 | Bespoke making
アッパー完成
先日のアッパーが完成した

c0175551_16124830.jpg

c0175551_1612486.jpg

c0175551_16124969.jpg

c0175551_1612492.jpg



素材はデュプイのダークブラウン

同色のライニングを使用したのでシックな雰囲気に仕上がった
また、爪先のメダリオンはオーナーのイニシャルである「T」が入っている
# by kadohatsu | 2008-09-01 16:12 | Bespoke making
突然の雨
東京は昨日といい今日といい、突然の雷雨

なんだか変な天気が続きますね
水道局のホームページをみても雨が一部にしか降ってない

まさにバケツをひっくり返したようなとはこのことですね
# by kadohatsu | 2008-08-30 12:16 | cado.making
ガラス
c0175551_2334336.jpg

靴を作る上でよく使うのが「ガラス」
今回は接着面の表面を荒らし、のりが入りやすくするために使います
# by kadohatsu | 2008-08-28 23:03 | Bespoke making
ビスポーク
c0175551_8412247.jpg

2年前に作った自分のビスポーク

ボタンブーツには特別な魅力を感じてしまう

かなり使用頻度も高く、それなりにクタッとしているが、それもまたなんともいえない良さがある
# by kadohatsu | 2008-08-28 08:41 | Bespoke making
ローファー
c0175551_1531248.jpg

c0175551_1531262.jpg

c0175551_1531271.jpg

お盆休みもあり、最新作のローファーの仕上げが今日まで延び延びになっていた

一通り完成していたが、底面をバフして布海苔を塗り、磨く作業がなかなか出来ないでいた
が、やっと時間を見つけて仕上げることが出来た

ウエストを1,2ミリ少し絞りすぎてしまった

研究とはいえ、少々やりすぎた
# by kadohatsu | 2008-08-28 01:53 | Bespoke shoe
三人組
c0175551_0205154.jpg

仕事おわりに久しぶりに仲良し三人でカフェ

腹わって話せる友人はホント宝ですね
# by kadohatsu | 2008-08-28 00:20
椅子
c0175551_2372799.jpg

靴を作る際、少し低めの椅子が必要です

今までは左、今日買ったのが右の背もたれつき!

座って最低一時間はそのままなので、背もたれがあるのと無いのでは 腰への負担がかなり違います

やっと手に入れました
# by kadohatsu | 2008-08-27 02:37 | cado.making
アッパー
c0175551_20495269.jpg

オーダーが入っていた靴のパターンが完成したので、早速革を広げ「銀ペン」を使って輪郭を描いて行く
革のキズや血筋など、細部をチェックする

とはいえ虫さされや薄い血筋は別にあったからといってその革が悪いということではない

むしろその一点を避けるがために、きれいだが革の質の劣る部分を使うほうが、個人的にはもったいないなぁと思うのである
# by kadohatsu | 2008-08-26 20:49 | cado.making
過去に作った靴
三年前に作ったウィングチップのコンビ
c0175551_1134110.jpg



c0175551_1134116.jpg


ウエストはベベル
c0175551_1134152.jpg



c0175551_1134226.jpg




まだこの頃は自分の中で、形や表情を意識して作れるまでの余裕がなかった。

ただ靴を作ることが楽しくてしょうがなくて、四六時中靴のことばかり考えていた

「そんなの最初だけでしょ」と言う人もいたけど、5年経った今でも、その気持ちは色褪せていない

大変なこともたくさんあるけど、気が付いたら靴に没頭している

単純だけどそれでいいと思う
# by kadohatsu | 2008-08-26 11:03 | cado.making
靴づくりの道具~包丁~
c0175551_1331121.jpg

靴づくりにかかせない道具たち

包丁は一番よく使う道具のひとつです

頻繁に研いで、常に鋭い切れ味がないと仕事になりません

ヒゲも剃れるんです(笑)

きちんと研げるまでかなりの月日を要しました

靴学生のころが懐かしい
# by kadohatsu | 2008-08-25 13:31 | cado.making
日曜の浅草
c0175551_12541545.jpg

普段は賑やかな浅草も日曜はお店がほとんどお休み

うちの会社は日曜もやっているので、お昼食べに行こうにもどこも開いてない・・・

せめて定食屋さんくらいは開いててもいいと思うが
# by kadohatsu | 2008-08-24 12:54
ローファー
c0175551_054052.jpg

彼女に作ったローファーに改善すべき箇所が見つかり、実験も兼ねてもう一足作ることに

c0175551_054057.jpg

素材も柔らかく、きめの細かいベビーカーフなので最初の履き心地もやわらかいものになると予想できます。
特に女性の靴はどちらかというと質感的に柔らかいもの、厚みも1ミリ〜1.2ミリくらいのものが比較的好まれるようです。
# by kadohatsu | 2008-08-24 00:54 | Bespoke making
子供靴???


ミニチュアのボタンブーツを作ってみました。
製法も素材もすべておなじ・・・カーフとスエードのコンビです
c0175551_2155441.jpg


革の芯材もちゃんと入っています
c0175551_2164175.jpg


つり込み完了!!ちなみにブーツのボタンはちゃんとはずせます。
c0175551_2165654.jpg


次はすくい縫い・・底材はすべてオークバーク
もちろんウエルトも・・
c0175551_2175988.jpg


シャンクは竹を使用
c0175551_2181049.jpg


中もの(コルク)を入れる事で余分な隙間がなくなります
c0175551_21242165.jpg

ちゃんと出し縫いもしてあります
c0175551_2125529.jpg

縫い上がり
c0175551_2131343.jpg


底付けはベヴェルウエスト。ウエスト部分は半カラス仕上げ・・焼き印も入ってます・・・
c0175551_21254017.jpg


ポリッシュしてついに完成!!
c0175551_212691.jpg


サイズはこれくらいです
c0175551_21385899.jpg



たまにはこういった息抜きも楽しいかななんて・・・

でも実は、結構時間が経つのも忘れて逆に寝不足なんて事も・・・
# by kadohatsu | 2008-08-23 21:40 | cado.making
木型
c0175551_8233695.jpg

父と母のビスポークを制作中

父の足は甲が高くがっしりした足

空手をやっていたので、きき足の右がやや大きめ

普段は24,5を履いていたけど、足長は23,5

合いそうで合わないなかなかの足 燃えます!
# by kadohatsu | 2008-08-23 08:23 | cado.making | Comments(0)
kadohatsu
「kadohatsu」は祖父の昔やっていたお店の名前・・

原爆ドームのすぐわきにあったそうです。
8月6日、原爆が落ちる日まで・・・

父も店の名前は知っていたそうですが、所在地がわかったのはだいぶ最近になってから。

先日、帰省して原爆ドームに行きました

子供の頃見たそれとはなにかちがう、あらためて戦争の恐ろしさを感じました

心から平和を願います
# by kadohatsu | 2008-08-23 08:03