<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
寝る前の
仕事から帰ってきていろいろしているといつの間にか時間が過ぎている

自分の靴に関してはあまり集中力のない夜に作業することが多い

当然、人の靴を作る時は集中力のある昼間、もしくは早朝が良いように思う

こんな感じで気がつくと自分の靴がすり減ってきているのに気付き、リペアとなることが多い

ただ直すのではなく実験的な要素も少し加えて研究のようなこともしていたり…

少しでも無駄を省けるようにちょっとずつでも体が覚えていってくれればいいなと思う

c0175551_057359.jpg

c0175551_0573684.jpg

c0175551_0573697.jpg

by kadohatsu | 2009-10-30 00:57 | cado.making | Comments(0)
下準備
休みの日はいつも雨…

さすがについてないなと思いながらもいろいろやりたいことが溜まっていたので、ここぞとばかりに製作進行!

今日は朝寝坊してしまったため、昼前からメモ用のカバーをブライドルレザーで設計&型入れ


夕方から友人から注文を受けている靴の型入れと裁断

主に下手間中心の1日になった

c0175551_23401957.jpg

なかなか複雑な構造にしてしまったので、工程の順序を考えながらパーツを揃えていく
c0175551_2340197.jpg
余った革でSuicaのケースを

財布をいちいち取り出すのも面倒だし、かといってクレジットとセットになっているSuicaはいつも取り出すのは少し恐い
持っているカードケースが大きくてボリュームのあるものしかないので、薄くてなおかつコンパクト、中身がわからないような革のケースが欲しかった
c0175551_23401940.jpg

この革はフランスのアノネイ社のもの
明るすぎず、カジュアルすぎないきれいな色で、仕上げによって異なる表情をみせてくれる
by kadohatsu | 2009-10-26 23:40 | cado.making | Comments(0)
木型修正
先日のU氏のボタンブーツの木型修正



足にはいろいろな形があり、当然作る側は試行錯誤をして足にあわせようとメジャーや今までのカン等というところで足を見る



私の場合、経験値である【勘】はベテランの職人の方のそれに到底かなうものではない
ならばがむしゃらに、想像力をフル稼働して足の肉の逃げ方や、部分的なあたり具合を触診などで見つけ出すしかないのである

もちろんその触診にすら、感じ取れない微妙な足の感覚がある…
それは細かな会話から感じ取り、自分の中で整理しながらカルテに書きとっていく

やはり、その人に合った靴を作るためには【会話】がかかせない

技量がまだまだな私にとって靴を作る上でのパートナーは、他ならぬオーダーしてくれる方なんだなと思う
 
c0175551_1193598.jpg


木型に革で肉盛りをしてボリュームを調節
【木ヤスリ】で整えてちょうどいいところまで削っていく
c0175551_1193563.jpg


この削りカスは気づかぬうちにかなり吸っており、「肺大丈夫かな」と若干心配になったりする
c0175551_1193596.jpg


ひとまず7割がた終了
つま先のボリュームや細かい部分の修正はまだこれから…
by kadohatsu | 2009-10-22 11:09 | cado.making | Comments(0)
履いてもらいました
フィッティング初日

先日のボタンブーツの仮履きをしてもらった

靴に直接書き込みつつ、触診をしていく

氏の足は細いわりに、内側のボリュームとくるぶしが目立っており、そこの部分が足を圧迫、デザインバランスもそこの部分に担がれて少しラインが窮屈そうだったので、木型に肉盛りをし、筒の角度なども型紙で修正することにした

爪先の形ももう少しシャープに、なおかつ丸みを強調するものにしようということになった

ひとまず状況がみれてひと安心

2回目の仮履きに向けて課題が見つかった
頭の中にイメージが残っているうちに修正を始めなくては…

c0175551_422413.jpg


実際に履いてもらってから、靴に書き込んでいく
c0175551_422441.jpg


実際に外を歩いてもらい違和感が無いか確認
やはりくるぶしの圧迫と、内ふまずのボリュームが筒の部分に影響しているのがわかる
c0175551_422430.jpg


つま先はもう少し幅を細く、ボリュームに調整が必要
by kadohatsu | 2009-10-14 04:22 | cado.making | Comments(0)
今日は
今日は友人の靴の修理
かかとがものすごい磨り減っていたので全部取ってヒールを作り直し…
元々付いていたヒールが高圧縮の「ナンポウ」という素材だった為、ボロボロになりながら全て取り外し、五ミリくらいの革を一枚ずつ傾斜をつけながら削っては貼っていく
修理前の写真
c0175551_21263628.jpg




一度全体をきれいにヤスリがけして、仕上げていく

爪先も磨り減っていたので、補修した後、半張りのゴムをソールに…

これでかなり長持ちしてくれるはず
修理後…
c0175551_21263653.jpg


かなり削れていたヒールも革で積み直し
ヒールトップは6ミリのビブラムで
c0175551_21263686.jpg


つま先はかなりダメージを受けていたので、一度革で補修し、
その上から2ミリ厚程度のハーフソール(ゴム)を貼った

c0175551_21263639.jpg



by kadohatsu | 2009-10-06 21:26 | cado.making | Comments(0)
久々の再会
修行の為海外に行っていた先輩が一時帰国するということで、久々に再会

わざわざお土産まで…アリガトウゴザイマス!

向こうでの生活、靴について夜中まで話し込んだ

興味深い話から大笑いしてしまう話まで、日本にいる側からしてみればうらやましい体験だと思う
が、必ずしもそればかりではないということや、向こうの人の靴に対する考え方、働き方…
次から次に話が飛び出す…

どんな話を聞いても、海外に行ってみたいという思いが膨らむ一方である
c0175551_1262311.jpg
by kadohatsu | 2009-10-02 01:26 | cado.making | Comments(0)