<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
結婚式の靴
3月にあった友人の結婚式に作った、嫁さんと彼の靴、の彼のほう
一番いい時期の"Du puy"社製のBox calfを引っぱり出してきて使用したが、やっぱりすばらしいと思えるほどのキメの細かさと、なんとも言えない革の質である


この時期はいろいろとたて込んでいたこともあって、本当に幻覚が見えるんじゃないかというくらい眠ることが許されない日が続いた

そもそも仕事から帰ってとりかかるため、スタート時点で21時をまわっていた日もあった

ベベルウェストや、スキンステッチなど、手間のかかる意匠の無い靴だったこともあり、製作はスムーズに進んだが…それ以前に単純に時間がいっぱいいっぱいだった(泣)

c0175551_22485886.jpg


出し縫いのみ機械を使用する九分仕立てを初めて採用してみたが、コレはコレできれいだなと思いつつ作業をすすめる
今回のウィールは「飾り」という意味で目を入れている
c0175551_22485870.jpg


履き口はエラスティック(布ゴム)
甲部分にステッチと穴飾りをシンプルに
c0175551_22485816.jpg


踵内側に(なかなか粋です)イニシャルメダリオン ”「K」”
c0175551_22485851.jpg

by kadohatsu | 2009-08-31 22:48 | cado.making | Comments(0)
つま先はこんもり
つま先のボリュームをふんわりさせたかったので
少し木型を調整し、芯も厚く作ってみた


c0175551_035835.jpg
by kadohatsu | 2009-08-28 00:03 | cado.making | Comments(0)
ぽてぽてしてます
つり込みの工程

糊を使うので、いつも途中の写真を撮り忘れる…

今回も出来上がった後…
やわらかい革の場合、特に引っ張る力を微調整する

力一杯引けなくもないが、引きすぎると革の繊維が荒くなり、必ずしも良いとは言えない
また、伸びたものは戻ろうとするので、木型を抜いた後、「やせ」が起きることがある

意外に簡単に見えるものこそ、細心の注意をはらい作業をしていく

計画通りキャップが大きい  仕上がりが楽しみである
ちなみに、通常の設計の場合、キャップ部分はこんなに大きくはない

今回はあえてキャップの中に皺が入るように設計した
伝統的な靴を作っている人にとっては受け入れられないディテールかもしれないが…
c0175551_2358266.jpg
by kadohatsu | 2009-08-27 23:58 | cado.making | Comments(0)
ミシンかけ終わりました
普段、作っている靴はウェルトを使ったカチッとしたモデルが多いので、せっかく女性だし、サイズも小さめなので、今回はシンプルだけど、ちょっと野暮ったいデザインに挑戦…

鹿革独特の繊維が持つやわらかさと、肌触りの良さを実感してもらいたいので、最小限の芯材のみ補強として使用した
ミシンも、太い糸を使用し、ザックリ縫ってみた
c0175551_2221257.jpg
by kadohatsu | 2009-08-24 22:02 | cado.making | Comments(0)
Sign
これは毎回、結婚式でプレゼントするときに書いているサイン

日付やコメントなど、人によって頼まれるサインが違うのが興味深いと思う

今回はいろいろと書いたのでこのあとの工程で見えなくならないように注意しなければ…

c0175551_1854628.jpg


by kadohatsu | 2009-08-24 18:54 | cado.making | Comments(0)
スタート
今日は型紙を裁ち、革を裁断していく

ご存知のとおり、革には伸びる方向とそうでない方向があるため、各パーツの向きや左右のバランスなど、気を使いながら当てはめていく

また、スエードの場合は、毛並みを出来るだけ揃えたいため、毛の流れを読みながらの作業になる


c0175551_15493514.jpg


今回使用した鹿革は厚みも程よく、ブヨブヨしていて切りにくいということも無く、快適に作業が進む
c0175551_15493573.jpg

by kadohatsu | 2009-08-24 15:49 | cado.making | Comments(0)
友人のクツ
今年の始めに予約をもらっていた友人の靴…


とはいっても本人のものではなくお嫁さんへのサプライズプレゼント…


デザイン画を描こうと事前に一緒に写っている写真をいろいろ見せてもらっていたものの、
写っている写真によって服装の感じがぜんぜん違っており、イメージが固まらなかった


これは友人に直接聞かなければ…



ということで、お盆休みで帰省した時に早速打ち合わせ
サイズや好み、服装のイメージなど、なるべく多くのことを会話から拾っていく


「やわらかくて肌触りのいい鹿革を使って、どちらかというとスカートよりもゆるめのクロップドパンツとかにあわせれるような…」


具体的に自分の中で浮かんだイメージを、言葉で相手に伝える

だいぶ慣れてきたが、「伝える」ということはなかなか難しい工程のひとつだと思う



最終的に…



普段作っている靴はかちっとしていて、カジュアルという感じでもないので、
今回は、少し崩して(いい意味で)ふんわりした感じでいこうと思う

ということで、

少しずつ近づいていく、サプライズへ

c0175551_2150597.jpg
by kadohatsu | 2009-08-22 21:50 | cado.making | Comments(0)
白いクツ
実家に帰って久々のグウタラ生活をエンジョイしておりました
今年の始めに作った白いボタンブーツ
いちばん上のボタンが赤になっていてウサギっぽいところがポイントですが
ずうっと見ているとだんだん足袋みたいに見えてくる…

c0175551_020010.jpg

c0175551_020029.jpg
c0175551_020045.jpg
by kadohatsu | 2009-08-19 00:20 | cado.making | Comments(0)
長かった
c0175551_194338.jpg

広島に到着


結局7時間以上(普段は4時間かからない)帰省に時間がかかってしまった

さすがにクタクタになりながらも原爆ドームへ


なんとなく、人の雰囲気や空気が「帰ってきた」という実感を与えてくれる
by kadohatsu | 2009-08-11 19:04 | cado.making | Comments(0)
停まってます
c0175551_1322723.jpg

珍しい光景なので…


トンネルで15分停車


なにやら線路の点検だそう


何時に着くのやら
by kadohatsu | 2009-08-11 13:22 | cado.making | Comments(0)