<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
かたちにする
靴のつま先には革で加工した芯が入る

木型を削る際に、最終的なつま先のボリュームを意識しながら削らないと思いのほか行き過ぎていたりする

今回の靴もつま先の形がこんもり丸くなるように削っているのだが、なかなか思うような形にあがらない
足しては削り、足しては削りの繰り返しである


c0175551_21515611.jpg

by kadohatsu | 2009-07-30 21:51 | cado.making | Comments(0)
ブライドルレザー
英国製のブライドルレザーで以前から頼まれていた無印良品のスケジュール帳用のカバーを試作してみた

この段階から依頼者の希望を聞いていかねばならないが、何せ遠方なので、この夏に帰省したときに話を詰めなければならないので、靴のフィッティングも含め、大忙しである

しかもこんなときに限って、仕事の方も何やらこまごまと忙しく、丸1日の休みがとれないでいる
結局、夜に作り始めることになるのだが、削りカスの出る作業は寝る前には避けたい…


c0175551_23311994.jpg


シンプルに、特にポケットなども設けてないが、裏にメモ帳をという依頼だったのでひとまずコレをたたき台に話をつめる
c0175551_23311952.jpg


ブライドルレザー独特のブルームと呼ばれる白いロウ分の粉
温度差で浮き出てくる
c0175551_23311928.jpg



by kadohatsu | 2009-07-28 23:31 | cado.making | Comments(0)
「The Wizard of Oz Ruby Slipper Collection」展
「The Wizard of Oz Ruby Slipper Collection」展(オズの魔法使い 赤い靴コレクション展)

南青山のギャラリーでスワロフスキーがちりばめられた赤い靴をたくさん見ることが出来た

インスピレーションの湧く靴達だらけで、ヨダレものだった
有名な靴デザイナーが名を連ね、それぞれが思い思いのデザインをするというものだが、
デザインもさることながら、スワロフスキーの美しさに目思わず目を奪われた

実用性はおいといてこんな夢のある試みを実現してくれたスワロフスキー社に感謝!
↓データが重いかも
c0175551_2228292.jpg



c0175551_22301849.jpg



広島ブログ
by kadohatsu | 2009-07-28 22:31 | cado.making | Comments(1)
重い腰をあげる
c0175551_2115528.jpg
木型は奥深く、のめり込むと靴どころではなくなるほど、「深い」と言われる
骨と肉の両方のボリュームに注意しながら調整しなければならない
骨が当たれば当然痛いし、肉を追いすぎれば緩いフィッティングになってしまう

そこの微妙な匙加減が難しく、人によって感じ方が異なるのである

深い…

まるで深海…


ひとまずフィッティングに向け、かろうじて前へ…


毎回思うことだが、前作完成から少しでも日をおくと、制作に取り掛かろうとするまでに必要以上に時間がかかる(私の場合)

靴を始めたばかりの時は、すべてが初めてなこともあり、手順効率その他オカマイナシで、とにかく「先が見たい」の一辺倒だった

当然失敗は多かったので、「あちゃ~」と思うこともシバシバ

今はというと、反対に効率のことや失敗をしないための意識が働くのか、スタートまでに費やす時間が長い


失敗をしないための準備も必要だが、それ以上に思いきりの良さも兼ね備えていかなくては…
by kadohatsu | 2009-07-21 21:15 | cado.making | Comments(0)
夏バテ…


2週間ほどブログの更新をしていなかったので、「大丈夫?」とメールをいただいた




正直なところ、なかなか取りかかれる余裕がなく、早くも夏バテ…



うれしいことではあるが、会社の仕事がわりと忙しく、この気温、湿度も相まって家に着いたとたん寝ているということが続いた

故に特に更新出来るようなネタも無く、あっという間に…といった感じ…



先日のオーダーの木型がやっと届いたので、来週中にはフィッティングの準備が進められそうである


広島ブログ

57.5
by kadohatsu | 2009-07-18 08:17 | cado.making | Comments(0)
これいい!
注文していた桐の箱が届いた

今回は前回の箱をさらにコンパクトにシンプルに

箱を開けると  ふわっ  と桐の香りが広がる

サイズもちょうどいい

あ〜、いい香り〜
c0175551_21482821.jpg

58.5
by kadohatsu | 2009-07-02 21:40 | cado.making | Comments(3)
素材選び
先日のオーダーに合う革を探しに片っ端からいろいろな革屋さんに連絡したところ
やっと置いてるところを見つけた

「ディア」つまり鹿である
探すのが大変だっただけに見つけた時はうれしかった
ひとまず展開している色のサンプルをもらい、フィッティングの際
確認してもらおうと思う
質感が良く、思わず自分用に1枚購入した
c0175551_19471232.jpg


鹿革は牛のスエードと質感が異なり、厚みがある程度あるのにも関わらず
非常にしなやかでやわらかい
個人的には、裏無しのチャッカブーツなんて作ったら最高だろうなと想像してしまった
c0175551_19471291.jpg

59
by kadohatsu | 2009-07-01 19:47 | cado.making | Comments(0)